特別養護老人ホーム サニーヒル[社会福祉法人 隆徳会]

採用情報

社員インタビュー

介護福祉士 ユニットリーダー 長田 智美さん
サニ―ヒル横浜
介護福祉士 ユニットリーダー
長田 智美さん  (ながた ともみ)
特別養護老人ホームに9年間勤務した後、2014年に入職。前職でのチームリーダーの経験を生かしユニットリーダーとして活躍中。趣味はゴルフ。

個々のニーズに柔軟に対応し
日々の生活をのびのびと楽しく

介護職の叔母から「介護の仕事はやりがいがある」とすすめられ、特養ホームで働きながら介護福祉士の資格を取得しました。そのホームに9年間勤務した後、他の施設の現場も経験したいと考え、当法人へ転職しました。

サニーヒル横浜に来てまず感じたのが、「個別対応が充実している」という点です。以前にいた施設では、食の管理や生活管理などの規則が厳格で、個別のニーズに対応できない部分も多く、外部とのつながりもほとんどありませんでした。

一方で、当ホームはその方が食べたいものをできる範囲で差し上げたり、お好みに合わせて個室の雰囲気を変えたりと、一人ひとりの希望に応じて柔軟に対応。街ぐるみの行事・イベントなどにも積極的に参加し、地域の商店街や学校、住民の皆さんとの交流を深めています。

自宅で生活するように、のびのびと楽しく暮らせるからこそ、ご利用者の皆さんの笑顔も輝いていますし、私たちも個々のご要望にお応えできることを嬉しく思っています。

ユニット内の風通しを良くして
スタッフも利用者も笑顔に

現在、私はユニットをまとめるリーダーとして、担当ユニットの運営・管理や職員のマネジメントに携わっています。ユニットリーダーの役目は、ユニット内の風通しを良くして日々の業務を円滑に回し、ご利用者の皆さんに安心・安全・快適な毎日をお届けすること。そのために、職員からの意見・要望を業務に反映させ、不満や問題点があれば最善を尽くして対応するように努めています。チームの士気が上がり、ユニット内が明るい笑顔で回っているのを目にすると、リーダーとしてこれほど嬉しいことはありませんね。

また、面会に訪れたご家族とお会いする機会も多く、その際にはご利用者の日々の様子を詳しくお伝えしたり、何かご要望があれば可能なかぎり取り入れるようにしています。そうしたコミュニケーションを通して、お互いの信頼関係が深まり、それがご家族やご利用者の安心感にもつながっているように思います。

職員の定着度の高さも
当ホームの自慢のひとつ

職員の定着度が高いのも当ホームの大きな特長です。男性職員はもとより、女性職員でも妊娠・出産で辞めた人はいませんし、育児中のお母さんたちもたくさん活躍しています。離職する人が多いといわれる介護業界で、これは大いに自慢できることだと思うんです。それを実現しているのも、「仕事を続けやすい職場環境」が整っているからに他なりません。

たとえば、休日・休暇や有給がしっかり取れ、希望に合わせてシフトや勤務日が選べるので、無理のないワークライフバランスで働けること。また、パートタイムの非常勤職員も現場の大切な戦力として迎え、頑張った分は時給アップなどで正当に評価するなど、充実した待遇でそれぞれの働き方をサポートしています。

さらに、月1回のペースで社内外の研修・実習があり、資格取得のための勉強会も定期的に実施。未経験からのスタートでも、働きながらキャリアアップや資格取得を目指すことができます。

そして何よりの魅力は、フランクで楽しい仲間とともに、仕事に誇りとやりがいを持って働けることです。この仕事に興味のある方は、ぜひ一度、当ホームへ見学に来てみてください。笑顔で働く職員や現場の明るい雰囲気を目にすれば、きっと納得していただけると思いますよ!

  • 出勤中 勤務中

    ご利用者とくつろぐ時間がお互いの信頼関係を深めます。

  • 勤務中 勤務中

    スタッフとつねに情報を共有して風通し良く。

  • 勤務中 勤務中

    時間が空いた時にはパソコンで事務業務もしています。

休日の過ごし方

当ホームには麻雀・ゴルフ・フットサルなどの職員クラブがあり、私が所属するゴルフクラブでは月に1~2回、クラブの仲間に地元の友人も加わって、地方のゴルフコースでプレイを楽しんでいます。コースに出ると気分爽快で、心身ともにリフレッシュしますね。もちろん、コースでの優勝を狙って自主トレにも励んでいます。週に1~2回は近所の打ちっ放しへ練習に行き、ゴルフの腕に磨きをかけています!