特別養護老人ホーム サニーヒル[社会福祉法人 隆徳会]

サニーヒル板橋

  • HOME>
  • サニーヒル板橋>
  • サニーヒルだより

サニーヒルだより

  • サニーヒル板橋
  • 2023.06.26

”職員の胃袋を満たす”福利厚生充実しています

当施設では、コンビニ弁当やカップラーメンになりがちな職員の健康面を懸念して、福利厚生の一環として、「オフィスグリコ」「オフィスプレミアムフローズン」「パン販売」を行っています。

場所は1階事務所前、エレベーターホールの自販機設置場所に置かれています。

お菓子だけではなく、飲料・アイス、冬場は肉まんも食べられる「オフィスグリコ」。

 

1つ100円~の格安でチャーハンやカレー、パスタもレンチンですぐ食べられる「オフィスプレミアムフローズン」。

例えば、「オフィスプレミアムフローズン」でトマト煮込みハンバーグ(200円)を、「パン販売」でパン(200円)を購入し、「オフィスグリコ」で施設長一押しのアイス(100円)を、これだけ買ってもワンコインです!

隣にコンビニもありますが、職員の胃袋を満たす福利厚生が充実しすぎています!

今日も、モリモリ食べて、ビシバシ仕事しましょう。

  • サニーヒル板橋
  • 2023.06.25

こんにちは、”カエデ”ユニットです【4A】

以前、玄関の”しつらえ”をご紹介しましたが、4Aユニットではユニットに表札を付けようと、さまざまな植物の「花言葉」から、ご入居者も交えて話し合いがもたれました。

今回の話し合いの結果、「響きがいい」「”大切な思い出”というところに惹かれた」「覚えやすい」というご入居者の意見を踏まえ、ユニット名を「カエデ」に決定しました。

余談ですが、「カエデ」も「モミジ(紅葉)」も同じ広葉樹で、葉の切れ込みの深さによって、使い分けされているそうです。

(カエデは深く、モミジは浅いそうです)

 

表札は住宅の門扉につける本格的なもので、玄関の雰囲気ともマッチしています。

これまでのご入居者にとっての”大切な思い出”を尊重して、日々お過ごしいただくとともに、サニ-ヒル板橋でこれからの”大切な思い出”を刻んでいただきたいと思っています。

  • サニーヒル板橋
  • 2023.06.22

サニーヒル横浜に見学に行ってきました

今日は同法人の横浜の施設(サニーヒル横浜)に所用のため、訪問してきました。

当施設の職員で初めて横浜に降りたって一言、「空気が美味しいですね!」とのこと。

中山道が通り、ビルが立ち並ぶ当施設の環境とは違い、周りは緑豊かな静かな環境で、地域で育てた手作り野菜も販売されていました。

横浜ではユニットの”しつらえ”に注力していることもあり、ユニット内を見学させていただきました。

写真はショートステイのユニットの玄関なのですが、まず目に飛び込んできたのは、植物の多さです。

施設内の植物は全て”本物”を育てていて、利用者が誤って口にしてしまうこともあるそうですが、職員が見守りしながら、そうならないよう配慮しています。
誤って口にしてしまっても危険だからやめるのではなく、再発防止を職員間で話し合いユニット内の環境整備を行っています。

続いて、居室には絵の得意な職員さんが野山や海をモチーフにした壁画を描いており、ショートステイのご利用者からも「海の部屋がいい」といった要望があるそうです。

絵の中に吸い込まれそうです!

最近は居室ごとにコンセプトを設けたホテルもありますから、横浜の居室の壁画は先駆的です。

居室だけではなく、なんとトイレにも海が描かれていました。

無機質になりがちなトイレですが、利用者からはこちらの海のトイレの方が人気だそうです。

こちらの写真は少しわかりにくいですが、砂浜と海が描かれている部分が壁に貼り付けられ、雲が描かれた部分が天井に向かって斜めに傾斜して取り付けられ、横から見るとへの字のような形になって取り付けられていました(写真は下から上を向いて取りました)。

下から上へ目を向けていくと砂浜、海、空が一体的となって見上げられるようなレイアウトになっていて、どこか南の島に”ヴァーチャルトリップ”したかのような感覚になりました。

他にもリゾート気分を感じさせられるような海や大自然の写真がフレームに入れられ飾られていたり、いい香りがするフレグランスも置かれ、匂いからもリラックスできる仕掛けがありました。

地元の高校生と一緒に制作した壁画がいくつも飾られており、利用者の目を楽しませるコンテンツになっていました。

さすが、横浜さん👏

 

横浜の職員さんからは、「板橋は新しくて綺麗」「設備も充実している」とハード面は褒めていただけましたが、ソフト面はまだまだです。

横浜の皆さんがこれまで培ってきたケアの質や工夫された環境設定には、たくさん学ぶことがありました。

今日も良い刺激を受け、早速、当施設でも取り入れられることを話し合っていきましょう!

  • サニーヒル板橋
  • 2023.06.21

夏至の日のパン祭り🍞【4B】

今日は1年で1番、昼の時間が長い”夏至”です。

そんな夏至の日に4Bユニットでは、パン作りを行いました🍞

料理が得意な職員がレシピを見ながら、午前中からご入居者に手袋を着けてもらい、コネコネ、モミモミ生地をこねていただきました。

コネコネ、モミモミが手指を動かす機能訓練にもなります。

 

お昼時間に発酵…。

 

ブルーベリージャムを包んだパンと、コーンをたっぷり乗せたパンの2種類を作成しました。

オーブンで焼き上げる前に溶き卵を塗って、180度に熱したオーブンへ投入。

ほんのり甘い香りがユニット内に漂い、パンが焼きあがりました👏

ふっくら焼きあがったパンは、ご入居者にコネコネ、モミモミしていただいたおかげです。

 

事務所メンバーもおすそ分けをいただき、美味しくいただきました♪

ご馳走様でした。

  • サニーヒル板橋
  • 2023.06.19

”父の日”お祝いドン🍚【SS】

ケアマネジャーの皆様にはショートステイの空き情報(FAX)で事前に告知させていただきました、”父の日”にちなんだ「お祝い丼」を行いました🍚

「お祝いドン」として、事前にご利用者に好きな丼ぶりを選んでいただき、地域の海鮮丼屋さんからお取り寄せ🏍

男性利用者の中でご希望の方にはノンアルコールビールもご提供🍺

お父さんの皆様、いつもありがとうございます。

 

具材たっぷり、見た目も色鮮やかな「バラ丼」はボリュームたっぷりです!

他にも、サーモン丼や穴子丼、マグロ漬け丼など、皆様、美味しそうに召し上がられていました。

 

今月は22日(木)に「噴水フルーツポンチ」のおやつレクも実施予定です🍎🍊🍈🍌🍏

ご参加希望の方はお問い合わせください。

 

 

 

  • サニーヒル板橋
  • 2023.06.15

都市型軽費老人ホームのご入居者募集中‼

サニ-ヒル板橋は特別養護老人ホームと短期入所のほかに、都市型軽費老人ホームを併設しています。

都市型軽費老人ホームとは、「都市部等において所得が低い高齢者でも入居できるよう家賃等の利用料を低額に抑えた軽費老人ホーム(老人福祉法第 20 条の 6)」で、板橋区内に8か所あり、当施設はその1か所になります。

当施設は5床しかありませんので、開設してからこれまで入退所はほとんどありませんでした。

この度、7月1日から入居可能なお部屋が1部屋出ることになりましたので、お知らせさせていただきます。

都市型軽費老人ホームにご入居を検討されてる「板橋区に住民票を有する60歳以上の方」「介護保険認定が非該当の方、要支援1・2程度の方(要介護の方でもご相談ください)」「集団生活が円滑に行える方」を募集しております。

 

ご入居にあっては、福祉事務所や区役所の介護保険課、当施設までお問い合わせください。

見学の希望や詳しい入居条件などは当施設の生活相談員までお問い合わせください。

よろしくお願い致します。

 

電話番号:03-5939-8832

生活相談員:田部田(たべた)、五味(ごみ)

  • サニーヒル板橋
  • 2023.06.12

地域の自主グループと一緒に機能訓練💪

毎週月・木曜日に「暮らしを広げる10の筋トレ」の自主グループである”本蓮沼10の筋トレの会”さんに地域交流スペースをお貸ししています。

筋トレの内容は、高齢になると難しくなる「階段を昇る・下りる、高いところの物を取る、落とした物を拾う」などの生活機能維持・改善に直結した筋力を鍛えることができる10種類の筋トレで構成されています。

新型コロナが5類へ移行し、当施設も「ユニット面会」をスタートさせた6月から、地域の方々と一緒に利用者も筋トレに参加することになりました。

理学療法士である機能訓練指導員が見守る中、ゆったりとしたペースですが、筋肉にじわぁ~っと負荷をかけながら、日常動作を維持できるよう筋トレに取り組みました。

施設では個別機能訓練加算(身体状況に合わせて機能訓練を実施)やADL維持等加算(ADLが維持されているかどうか評価する取り組み)を算定しています。

利用者の残存機能を出来るだけ維持させながら、日常生活を支える機能訓練を行っています。

  • サニーヒル板橋
  • 2023.06.11

ユニット面会はじまりました

新型コロナウイルス感染症が5類へ移行してから、はや1ケ月が経ちました。

 

当施設ではこれまで地域交流スペースやオンラインによる面会に限定して行っていた面会を、6月1日からユニットの居室内まで入れる「ユニット面会」を開始しています。

令和元年(2019年)8月に開所した当時は開所して間もなかったため面会対応を行っておらず、また翌年からの新型コロナウイルス感染症の影響もあり、公式的にこれまで一度もユニットの居室内まで家族を招待することが出来ませんでした(看取り期の利用者の場合のみ、ユニット面会を行っていました)。

よって、家族にとっても今回の「ユニット面会」は、初めてユニットの居室内まで入り、どのような生活を送っているのか、実際に見てもらうことが出来る機会なのです。

 

当施設にとっては、初めて家族をユニットの居室内まで受け入れるにあたって、担当者同士で受入手順の検討や”お知らせ”内容の推敲、玄関の”しつらえ”、現場職員の接遇面の指導なども含め、入念に準備を進めてきました。

なにぶん初めて尽くしなので、1ユニット/日は2組まで(1組3名まで、50分間の交代制)で行っています。

受け入れられる家族はまだまだ少ないですが、感染状況の動向もみながら、徐々に受け入れ枠を増やし、コロナ以前のように、どの家族も自由に施設に出入りできるようにしていきたいと考えています。

 

「(コンコンコン)こんにちは、お邪魔します👦」

「あらっ、いらっしゃい👵」

 

早くこんな会話が日常になる日が来ることを願って✨

  • サニーヒル板橋
  • 2023.06.09

3施設間交流会(お昼間のひと時)

当法人はサニーヒル横須賀サニーヒル横浜、当施設の3施設があります。

毎月、介護職や生活相談員、ケアマネジャーなどの職種ごとに交流機会を設けています。

これまではコロナ感染対策もあり、オンラインでの交流ばかりでしたが、5類への移行もあり、当施設へ横須賀、横浜の職員さん達が来てくれました。

一緒に昼食を食べながら、施設ごとの状況や「横浜の施設ではどうやっていますか?」とざっくばらんに情報交換しながら、職員同士の関係性を深めています。

当施設はまだ開設4年目でもあり、横須賀(開設25年目)、横浜(開設14年目)に比べると、ケアの質や職員のスキルなども足元にも及びませんが、「先日ホームページで紹介されていたユニットごとの玄関のしつらえを参考にしたい!」と横浜の職員さんに言っていただきました。

3施設が協力し合いながら、「ここを利用してよかったと心から感じていただける施設」づくりに向けて、互いに高め合っていきたいと思います。

 

  • サニーヒル板橋
  • 2023.06.05

サニーヒルのど自慢大会【SS】

ショートステイユニットのレクリエーション、「サニーヒルのど自慢大会」と称して、ご利用者にマイクをあずけて好きなを歌っていただきました。

唄が得意で十八番を披露されるご利用者もいれば、聞き役に徹し、場を盛り上げてくださるご利用者もおり、楽しいひと時となりました。

カラオケは声を出して歌うことで口腔機能や嚥下機能の活性化やストレス発散、昔の歌を通して、当時を思い出すことで認知機能の低下予防の効果があります。

楽しみながら、経口維持のための要素も取り入れて行っています。

また、暑い季節になってきましたので、6月から施設到着後、水分補給を兼ねてウェルカムドリンクを提供し始めました。

その他、6月はおやつイベントや”父の日”にちなんだ出前イベント、日常的なレクリエーションもご用意していますので、お楽しみに!

 

5 / 27« 先頭...34567...1020...最後 »